特許の強化

優れた特許の構築

保有している特許は、ビジネスの保護、活用による収益化、ビジネス目標の達成のサポートなどの目的に十分な強さを備えていますか。

自社にとって競争力の高い製品をカバーする、いっそう優れたクレームを正確に作成することが可能ですか。

テックインサイツは競合製品に「類似」の侵害証拠を見つけることができます。これによって、お客様の出願チームが強いクレームを作成するサポートを行い、特許出願を最適化し、クレームが特定の市場、技術、企業、製品でさらに適用されるようになります。

特許の強化がより優れた出願につながる理由

「特許の強化」という言葉は、耳慣れないかもしれませんが、知財のプロであれば、その背景にある「特許ポートフォリオの価値を高める」というコンセプトはよくご承知のはずです。

テックインサイツは、出願プロセス中に実践できる戦略を策定し、ポートフォリオが持つ最大の価値を確実に引き出すサポートを行ってきました。このような戦略は「How patent strengthening creates better applications (特許の強化がより良い出願につながる理由)」と題したホワイトペーパーにまとめられています。

このホワイトペーパーは、各出願を強化する重要な 4 つの機会について概説しています。

  • 市場における採用の評価
  • 用途における付加的な技術革新の特定
  • 対象となる企業に対する準備
  • 懸念のある出願の放棄

これら 4 つの機会により、どのようにポートフォリオを整理し、その価値を高められるかをご覧ください。

特許の強化がより優れた出願につながる理由

出願の強化のために必要な事項を正確に把握

テックインサイツは特許クレームの検出能力と各業界での使用状況に対する深い洞察をもって、お客様をサポートします。

お客様の特許の現在の解釈、対象の発明実装をより十分に記述する明細書の文言の提示といった優れた技術的識見を提供します。

これは、特定の対象で要件を充足する強い特許 (ライセンス供与プログラムや訴訟活動の成功により大きな収益を生む可能性を秘める) と弱い特許 (収益がほぼあるいはまったくないにもかかわらず、毎年コストを浪費) を見極める絶好の機会ともなります。

特許の価値を構築する技術に関する深い洞察の提示

テックインサイツが、特許出願の強化を支援できる決定的な優位性は、その実績と経験です。特許価値の証明の経験と、技術解析の実績において、匹敵する知財パートナーは他にないといえます。

発明の使用を実証してきた長年の経験によって、お客様が思い描く目標を実現する特許構築を支援できる最適な立場にあります。

積極的に幅広い製品の技術解析を行っており、広範なナレッジベースに直接アクセスできるため、その情報を活用しつつ、実質的で信頼性の高い洞察を技術、製品、市場に対して提供します。

証拠に基づく特許の強化

テックインサイツは、重要な出願公開期間に知財のプロフェッショナル、法律の専門家と協力し、出願を強化する機会の可能性を見極めます。

社内のリバースエンジニアリング解析によって、出願するクレームの侵害証拠を提供し、

特許の強化についても助言を行い、継続出願が可能な地域ではそれを実行します。

出願ポートフォリオの監査や選別によって時間とコストを節約でき、放棄すべき出願の判断のためにポートフォリオ評価もご利用いただけます。

2018 年以降の企業の検討事項

世界中の企業が知的財産 (IP: Intellectual Property) を、収益化の取引や体系化によって財務および戦略上の重要な価値を生み出す、極めて貴重な資産と捉えています。しかし、特許保有企業にとって、特許ポートフォリオの価値の判断は、知財環境の複雑さが増しているため、常に悩ましい課題です。

このネット配信では、優れたプロフェッショナルならびにソートリーダーが、特許保有企業や個人に対し、この難題の重要な側面を理解できるようサポートします。また、特許ポートフォリオの収益化にまつわる重要な問題について詳細に解説し、特許の質向上、効果的なポートフォリオ収益化プログラムの策定と実施におけるベストプラクティスについて討議します。

主な内容:

  • 現在の特許ポートフォリオと収益化の傾向
  • リスクと陥りやすい問題
  • 事業上、法務上、その他の検討事項
  • 特許評価のベストプラクティス
  • 最新の規制策定の影響

2018 年以降の企業の検討事項

テックインサイツのウェビナー TIPS シリーズ: 特許の強化に技術的証拠を使用する

「特許の強化」とは、出願時に適用できる各種手法を指す用語です。これは、特許が許可された場合に実用性を最大化すること、最も価値の高い資産に絞って時間とコストを確実に投入すること、両方を目的とします。

上位レベルでは、特許の強化には以下の 4 つの機会があります。

  • 商用製品における発明の使用の可能性を特定する
  • 市場の採用を判断する
  • 継続の機会を特定し、商用製品に合わせてクレームを調整する
  • 価値の低い用途を放棄する

先進的な技術環境でこのような手法を実践することは、その用途で記述されている技術を深く理解するだけでなく、明白で事実に基づいた証拠を理解する能力も兼ね備えている必要があります。

このプログラムは、深層的な技術的証拠の収集時期、技術解析から得られる証拠の種類の例、特許の強化のために出願時に証拠を適用する方法などについて解説しています。

テックインサイツのウェビナー TIPS シリーズ: 特許の強化に技術的証拠を使用する