自動運転車の登場は、パーソナルモビリティという新時代の到来を予感させるとともに、自動車に対する人々の考え方をすっかり変えようとしています。自動運転システムにより、データ接続と電気自動車に加えて、GPU、FPGA、特化型 AISC、パワー半導体を含む、さまざまな半導体部品がかつてないほど多く自動車に搭載されるとみられます。自動運転車 (AV) を安全かつ効率的で楽しめる移動手段にするには、クラウドとエッジの両方に複雑な技術が必要になります。

自動車業界とハイテク業界の一極化がモビリティ/輸送分野での技術革新のペースを加速させ、新規参入プレーヤーや従来の業界構造を破壊する新しいビジネスモデルにチャンスを生み出しています。これが原動力となって生じた 4 つのメガトレンドは、モビリティの将来を形成し、自動車業界の競合状況を変えようとしています。

電気自動車:

クリーンエネルギー政策が、代替燃料自動車の開発を促進し、内燃エンジンからエレクトリックパワートレインへの長期的な方向転換を主導しています。電気自動車には、先進のバッテリー管理システムとパワー半導体デバイスが利用されます。

コネクテッドカー:

自動車の接続性により新しいサービスや機能が自動車にもたらされるとともに、5G 対応の V2X (Vehicle-to-Everything) や狭域通信 (DSRC) 技術により自動車が他の車両や歩行者、自治体、高速道路などのインフラと直接通信できるようになろうとしています。

自動運転車:

運転の自動化に人工知能 (AI) および機械学習 (ML) 技術が適用されたことで、自動運転車が現実のものとなり、先進運転支援システム (ADAS) から部分的自動運転へ、さらには完全な自動運転車へと発展を遂げつつあります。LiDAR、レーダー、超音波、エンベデッドビジョンシステム、GPS 受信機、慣性計測装置 (IMU) などのセンサーおよび認知技術は、自動運転車に欠かせない要素です。

スマートモビリティ:

ユビキタスな接続性とデータ解析が、配車サービス、カープール、カーシェア、フリーフロート型カーシェア、ピアツーピア (P2P) サービスといった多様なラストマイル交通サービスの技術プラットフォームを開発可能にし、新しいスマートモビリティ産業の基礎を形成しようとしています。

自動車の技術情報および知財管理サービスは、競争上重要なベンチマーク情報の提供、特許ライセンスの交渉、補償を通じて、自動車メーカーとサプライヤーが、市場での地位を守りつつ新たな収益源を見いだせるように支援します。このプロセスは、市場参入時の適正評価に関する意思決定に役立ちます。また同時に、企業が競合他社の知財および技術面での強みを理解することで差別化を実現し、技術設計での重要な意思決定を下し、市場参入リスクを低減するための特許買収を行ううえでの指針となります。