モバイルデバイス

2007 年に発売された初代 iPhone がスマートフォン時代の先駆けとなって以来、モバイルデバイスは半導体および技術革新を推進する中心的なビジネス要因です。携帯電話の出荷台数は、2018 年だけで数十億台に上ります。数多くのメーカーがハンドセットを製造していますが、現在収益力があるのは、Apple、Samsung、Huawei のみで、これら 3 社が売上台数でも上位 3 位までを占めています。

メーカー各社は、新しい規格 (5G など)、キャリアアグリゲーション、マルチモード携帯電話に加えて、帯域幅、機能性、低消費電力に対する消費者の飽くなき要求がもたらす複雑さに直面しています。

テックインサイツは、毎年何百台もの携帯電話をティアダウンし、最新技術の解析とレポート作成を行っています。近頃、特に関心を集めている分野は、スクリーン技術、ToF (Time of Flight) センサー、カメラおよびイメージセンサー、電源管理、無線周波数モジュールです。当社の最近のブログでは、Samsung の Galaxy S10+Lenovo Z5 Pro GTGoogle Pixel 3 XLApple iPhone Xs などに搭載されたこれらの機能を詳細に調査しています。

テックインサイツは、モバイルデバイスおよびそれらに採用されている半導体技術に関して、徹底的な解析を行っています。当社のティアダウン解析では、携帯電話全体の情報に加えて、イメージセンサー無線周波数メモリーパワー半導体などの、各種モバイル技術分野に焦点を合わせた解析を提供しています。

モバイルデバイス

テクノロジー (技術) プロフェッショナルを対象とするティアダウンモバイルサブスクリプションでは、最新のモバイルハンドセットおよび技術に関する簡潔な解析を定期的にお届けします。

テックインサイツのライブラリ

IP (知財) プロフェッショナルを対象とするテックインサイツのライブラリサブスクリプションでは、ひと目で確認できる各種携帯電話の比較情報と、さまざまな半導体部品とその搭載デバイスを明らかにした系統情報を提供します。