オプトエレクトロニクス市場

オプトエレクトロニクス市場は、高度な機能と先進技術を備えた民生用電子機器デバイスに対する需要の増加を受けて、2018~2023 年の間に 10.25% の年平均成長率 (CAGR) で拡大すると見込まれています。民生用電子機器デバイス、デジタルイメージング ソリューション、通信ネットワーク分野では、オプトエレクトロニクス市場の主要部品である高輝度 LED (HB-LED)、CMOS イメージセンサー、光ファイバーレーザー トランスミッターにチャンスがあります。

また、自動車業界での先進技術に対する需要の増加も、オプトエレクトロニクスの市場機会を生み出しています。大半の自動車メーカーでは、環境光の検知、天候の判断、インフォテインメント コンソールのジェスチャー操作、ナイトビジョン用として、赤外線部品を車両に組み込んでいます。これらの新しいアプリケーション領域は、新興分野でのオプトエレクトロニクスの市場シェアを押し上げています。

オプトエレクトロニクス デバイスの適用領域には、イメージセンサー、LiDAR、LED 照明などがあります。オプトエレクトロニクス デバイスは、コスト、性能、一貫性の面で現在の手段を上回り、従来からある電子機器を置き換えると予測されています。

低コストの 3D イメージング、プラズモニックナノ構造、ペロブスカイト トランジスタ、光学活性量子ドット、顕微鏡電球、レーザー駆動 3D ディスプレイ技術、レーザー Li-Fi など、オプトエレクトロニクス分野での最近の技術革新により、オプトエレクトロニクス装置の動的な適用範囲に飛躍的な変化が起きると予想されています。

テックインサイツが提供する価値

他社の追随を許さない先進技術の内側を解き明かすノウハウによって特許の価値を証明し、クライアント企業の皆様に知財、技術投資に関して最善の意思決定を行っていただけるようサポートします。

テックインサイツの識見は、世界有数の革新的な企業の技術および製品チームに、技術投資に関する最善の意思決定を下すためにご活用いただいています。

当社は、特許に関する深い知識に、世界で最も進んだリバースエンジニアリングおよび技術解析能力を組み合わせることで、先端技術市場において特許と製品をマッチングし、堅固な侵害証拠を提供するという卓越した能力を実証してきました。

テックインサイツの解析

テックインサイツは、以下を含む主要な市場プレーヤーの解析を行っています。

  • Avago
  • 富士通
  • シャープ
  • 東芝
  • パナソニック
  • Philips
  • Omnivison
  • Osram
  • ソニー
  • Samsung
  • ローム
  • General Electric Company
  • On Semiconductors
  • 三菱
  • Cree
  • Finisar
  • JDSU

最先端リバースエンジニアリング施設は、システムをナノレベルに至るまで解析できる独自の能力を備えています。

  • 製品ティアダウンおよびコスト計算/BOM の作成
  • 機能テスト
  • パッケージ解析
  • 構造/プロセス解析 (構造、材料、パッケージングなど)
  • 回路解析
  • ソフトウェア解析
イメージセンサー サブスクリプション

信頼できる技術情報プロバイダー

テックインサイツは、2006 年からイメージセンサーの競合技術情報の最先端をキープし、重要な技術要素を常に他に先駆けて報じてきました。イメージセンサーの設計企業の上位 10 社全てがテックインサイツとサブスクリプション契約を交わしており、同ファウンドリ企業の上位 3 社全てについても同様です。