機能テスト

テックインサイツのシステム専門家チームは、難解な問題に対処するための独自ソリューションを開発しています。お客様との密な協力を通じて、複雑なシステムの特許侵害証拠の問題に関するリスクを軽減します。

機能テストにおけるテックインサイツの技術力:

  • 正常に動作している製品 (ハンドセット、TV セット、STB) に機能/特性テスト (回路内のマイクロプロービングなど) を実施
  • テストパッドの作成と FIB を使用した IC の回路修正
  • IC やディスクリートデバイスのナノプロービング
  • ハードウェアのアクセス/プロービング
    • JTAG、ICE、フラッシュのリードバック
    • ロジックおよびプロトコル解析
    • 基地局のモニタリング/エミュレーション
    • Wi-Fi の AP および STA
    • IoT/BTLE ネットワークおよびデバイス

テックインサイツの解析事例:

 

モバイルのセキュア認証/非接触型決済の侵害証拠

目標: 近距離無線通信 (NFC) コントローラの使用に関する知財侵害の証明

課題: 侵害証拠の特定には、モバイルデバイスで最もセキュリティが厳しく、保護されている領域について、回路のリバースエンジニアリングとシステムおよびソフトウェアのリバースエンジニアリングが必要であること

解決策

  • 回路のリバースエンジニアリングにより、NFC 回路の重要領域を特定し、セキュリティ保護された決済機能を推察
  • 機能するモバイルデバイスと実際の決済端末を使用し、デバイス間で交換される情報を捕捉する機能テストにより、通信プロトコル部品を特定
  • 動的なデバッグを使用したソフトウェアのリバースエンジニアリングにより、NFC デバイスの動作とモバイルデバイスで使用された具体的な機能を特定することで、侵害証拠を提示

スマート掃除機の特許の選定

目標: スマート掃除機に焦点を合わせ、ライセンス供与の可能性のある一連の特許を提示

課題: 製品の使用や試験を行わずに、消費者の需要を促進している主要な製品機能を特定すること

解決策

  • 製品レビュー、公開済みのホワイトペーパー、消費者レポートに基づき主要プレーヤー (製造および設計) を特定
  • 製品およびプレーヤーに影響を与える特許を調査/解析し、将来的に特許検索で使用するためのキーワードデータベースを作成
  • 特許調査ツールを使用して、主要プレーヤーとその製品と同じ発明領域に属する特許を知財ランドスケープから見つけてレビューし、次にこれらの特許をクライアントが設定した基準に沿ってフィルタリング
 
 

自動車のタイヤ圧監視システム (TPMS) の侵害証拠のための解析

目標: 特定の TPMS 機能に関する侵害証拠の作成

課題: ナノプロービングを行い、ラボ環境で動作する TPMS からタイヤの外側で圧力測定値を抽出する方法の考案

解決策

  • TPMS モジュールを調達してティアダウンし、X 線および光学ダイ画像を使用して、コントローラと圧力センサーを含む IC パッケージを特定
  • モジュール内のパッケージを露出し、ダイに接続されたパッケージの開口部をジェットエッチング
  • リモート圧力モニターを使用した試験治具と機能テストプロトコルを考案し、動作中のモジュールからタイヤ圧を測定。圧力保存方法を特定し、侵害証拠を作成

自動車の ABS 制御の解析

目標: ABS 制御に関する侵害証拠の作成

課題: オープンソース資料を使用せずに、テスト環境で自動車を操作して ABS を起動させる方法の考案

解決策

  • 製品設定マニュアルの徹底的なレビューにより、いくつかのテスト設定を特定
  • 設定ごとにテストを実施し、RF 測定機器を使用して結果を観察
  • 追加のテストケースを設計して実施し、侵害証拠書類を作成する特許を特定
 
 

マイクロ波通信システムの侵害証拠

目標: マイクロ波通信システムの設計および RF 歪 (ひずみ) 補償技術に関連する侵害証拠の作成

課題: 完全なエンドツーエンドの通信リンクではなく、ラボ環境内で対象システムを正しく機能させるための、適切なテストセットアップおよび設定の設計

解決策

  • 製品設定マニュアルの徹底的なレビューにより、いくつかのテスト設定を特定
  • 設定ごとにテストを実施し、RF 測定機器を使用して結果を観察
  • 追加のテストケースを設計して実施し、侵害証拠書類を作成する特許を特定

電子タバコの侵害証拠

目標: 電子タバコの動作に関する侵害証拠の作成

課題: 大規模デジタル回路 (3 万個以上のセル) を階層構造に体系化し、ASIC 機能モデルを作成するために、回路およびシステムのリバースエンジニアリングの連携が必要

解決策

  • 回路のリバースエンジニアリングを実行して、もれのないデバイスのネットリストを作成
  • 独自のデジタル回路体系化ツールを使用して、セルを階層構造として整理
  • 機能テストで捕捉した信号を使用して、暗号化エンジンの設計を含む回路設計と制御ロジックを把握
  • 解析を通じてモデルを作成し、ASIC が実行する機能のシミュレーションに使用全てのコマンドと対応する機能、タイミングおよびシーケンシング、期待される出力を記載した詳細な技術仕様を作成
 
 

デジタル回路のリバースエンジニアリングとシミュレーション

目標: カスタム ASIC デバイスの技術仕様の作成

課題: 大規模デジタル回路 (3 万個以上のセル) を階層構造に体系化し、ASIC 機能モデルを作成するために、回路およびシステムのリバースエンジニアリングの連携が必要

解決策

  • 回路のリバースエンジニアリングを実行して、もれのないデバイスのネットリストを作成
  • 独自のデジタル回路体系化ツールを使用して、セルを階層構造として整理
  • 機能テストで捕捉した信号を使用して、暗号化エンジンの設計を含む回路設計と制御ロジックを把握
  • 解析を通じてモデルを作成し、ASIC が実行する機能のシミュレーションに使用全てのコマンドと対応する機能、タイミングおよびシーケンシング、期待される出力を記載した詳細な技術仕様を作成

ToF センサーのベンチマーキング

目標: さまざまな光学条件下で動作する ToF (Time of Flight) センサーの精度および正確さを測定するテストベンチの作成

課題: さまざまに異なる距離および光波長の下で、ToF センサーの性能を正確に測定するための制御環境において、半自動化テストのセットアップを設計すること

解決策

  • テストのセットアップに必要な光学機器とその他の部品を徹底的に調査
  • いくつかのテストベッド構成を試し、性能ベンチマークテストへの影響を評価
  • 反復テストを自動化するアプリケーションおよびスクリプトを作成し、人為的介入による誤差を防止
  • 一連のベンチマークテストを設計し、各種条件下の ToF センサーに対して実施することで、競合比較ベンチマークデータを生成
 

テックインサイツを選ぶ理由

コンテンツ

幅広い電子機器や半導体デバイスのリバースエンジニアリングの結果データによって、回路設計、IC の構造、製造工程、パッケージングにおける技術革新を明らかにします。

対象分野の専門家によるチーム

技術と特許をつなぐスキルを備え、お客様のポートフォリオに対応する経験値を結集させたチームが解析を行います。各自が複雑な処理の実行など幅広い問題の解決能力と、さまざまな技術に直面してきた実績 (業界やテックインサイツのライブラリに関する経験も含む) を備えています。

リバースエンジニアリングの能力

複雑な技術の調査や、幅広い技術のデータ収集が実現します。

データ

侵害証拠や特許の評価を収集した独自のデータベースにより、特許の傾向を明らかにし、製品へのマッピングを可能にします。

特許専用のツール

数を絞った特許セットにフォーカスすることで専門家チームの効率性を高め、特許ワークフローを向上させ、データの再利用やデータマイニングのために出力を捕捉します。

拡張性

大規模で大容量の複雑なプログラムを実行し、同時に一貫性のある出力データや充実した作業結果をご提供します。

「テックインサイツに単純な仕事を依頼はしません。依頼する仕事は、社内で処理できない作業です。テックインサイツは、かつて弊社の知財戦略には入っていなかった一連のシステム特許について、収益化の可能性を検証するサポートを提供してくれました。現在は、ライセンス収益を半導体業界以外からも得られています」

- 知財部門ディレクター、半導体業界